CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
証券アナリストのための数学再入門
証券アナリストのための数学再入門 (JUGEMレビュー »)
金子 誠一,佐井 りさ
文系出身者はまずこちらでウォームアップしましょー
RECOMMEND
ネガティブがあっても引き寄せは叶う!
ネガティブがあっても引き寄せは叶う! (JUGEMレビュー »)
MACO
私の転職活動が紹介されました。
RECOMMEND
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング (JUGEMレビュー »)
大塚 千春,岸 洋一,松尾 謙一
音読筆写に目からウロコ!五感をフルに使って、TOEICの点数だけでなく、英語の基礎力アップができる本。この内容でこの価格はかなりお得。
こちらでリスニングパート20点、リーディングパート15点アップしました。
RECOMMEND
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (JUGEMレビュー »)
森沢 洋介
評価の高い瞬間英作文ですが、やってみてやはり効果を感じました。
RECOMMEND
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー) (JUGEMレビュー »)
ジュミック今井
メトロノームに合わせて楽しく練習!「th」の発音がやっとこさ身につきました。
MOBILE
qrcode
<< アサーティブ・ウーマン―自分も相手も大切にする自己表現 (わたしらしさの発見) | main | のっぽさんに会いに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
EQ―こころの知能指数
評価:
ダニエル ゴールマン
講談社
(1996-07)
以前メンタル・タフネスという本を読んだときに、
EQについて言及されており、興味を持ったのが
読んだきっかけです。

人間には、2種類の脳、2種類の知性があり、
前者には「大脳辺縁系」と「大脳新皮質」
後者には「感じる知性」と「考える知性」

大脳辺縁系−感じる知性−「EQ(こころの知能指数)」
大脳新皮質−考える知性−「IQ」
EQとIQは異質なものである。

EQの定義は
ー分の情動を認識する
感情をコントロールする
自分を動機付けする(楽しみを我慢してがんばれる)
ぢ梢佑隆蕎陲鰺解する(共感)
タ祐峇愀犬鬚Δ泙処理する

怒りに対処する方法が記載されていて、
これは使っていきたいと思いました。
・どこか他の場所へ行き、散歩などをすることにより、頭を冷やす
・自分が何について怒っているのかを客観的に理解する

職場でのEQの章では、
‐綣蠅鉾稟修鬚垢襦覆気譴襦
多様性を受け入れる
インフォーマルコミュニケーションをうまく活用する

批判は批判する側の言い方で、自分が批判されているかの
ような気持ちになってしまったりするので、
気をつけたいと思いました。

批判する側→具体的な解決策を提示して、
      どこがいけないのかを直接言ってあげる。
      また相手も気持ちもきちんと察する。

批判される側→個人攻撃だと思わない。対立しない。
       改善のための情報だと思って、冷静に対処する。
       自己弁護しない。責任をとる。       
       批判した人と問題解決の機会を設ける。
| 読書(自然・社会科学) | 21:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - |
コメント
突然の御連絡、失礼いたします。
(株)ブログウォッチャー編集部の佐藤と申します。

急な御案内で恐縮ですが、
「EQ こころの知能指数」の書評ブログ記事を株式会社リクルートエージェントの公式コミュニティサイト「BizRavel」に掲載させて頂きたく、御連絡差し上げています。
弊社は株式会社リクルートのグループ会社でして、ブロガー様とのご連絡を代行させて頂いております。また、ブログなどの口コミを活用したwebサイト制作を行っています。
URL:http://www.blogwatcher.co.jp/

ブログ更新、投稿義務などブロガー様への御負担は一切ございません。
この掲載が貴方殿のブログへの集客口として貢献できれば幸いだと考えております。
是非、以下をお読み頂き、検討していただきたく思っております。

◆詳細
・サイト名:「Biz Ravel」
URL:http://bizravel.r-agent.co.jp/
サイトの目的:ビジネスパーソンのインプット&アウトプットを応援すること。
・掲載させていただきたいコーナー「あの本が名著な理由」
URL:http://bizravel.r-agent.co.jp/meicho_list_book.php
例えばこの様な形で記事の一部を引用させて頂きます↓
http://bizravel.r-agent.co.jp/meicho_detail_book.php?book_id=5

◆サイト運営元
・株式会社リクルートエージェント(http://www.r-agent.co.jp)
・事業概要:転職エージェント(人材紹介事業)
・コーポレートホームページ:http://www.r-agent.co.jp/corp

大変恐縮ですが、6月28(月)までにご回答頂けると幸いです。
尚、記事の掲載は無償でお願いしております。
急なご依頼をさせていただきながら、大変申し訳ございませんが
何卒ご了承下さい。

不明点などがございましたら、下記までご連絡頂ければと存じます。
何卒、ご検討の程宜しくお願い致します。

株式会社 ブログウォッチャー
編集部 佐藤  bizravel@blogwatcher.co.jp
| (株)ブログウォッチャー編集部佐藤 | 2010/06/24 2:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック