CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
証券アナリストのための数学再入門
証券アナリストのための数学再入門 (JUGEMレビュー »)
金子 誠一,佐井 りさ
文系出身者はまずこちらでウォームアップしましょー
RECOMMEND
ネガティブがあっても引き寄せは叶う!
ネガティブがあっても引き寄せは叶う! (JUGEMレビュー »)
MACO
私の転職活動が紹介されました。
RECOMMEND
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング (JUGEMレビュー »)
大塚 千春,岸 洋一,松尾 謙一
音読筆写に目からウロコ!五感をフルに使って、TOEICの点数だけでなく、英語の基礎力アップができる本。この内容でこの価格はかなりお得。
こちらでリスニングパート20点、リーディングパート15点アップしました。
RECOMMEND
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (JUGEMレビュー »)
森沢 洋介
評価の高い瞬間英作文ですが、やってみてやはり効果を感じました。
RECOMMEND
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー) (JUGEMレビュー »)
ジュミック今井
メトロノームに合わせて楽しく練習!「th」の発音がやっとこさ身につきました。
Amazon
MOBILE
qrcode
<< 勝間さん手帳のサポートメールにtwitterでの発言が引用されました! | main | 表参道ヒルズの「SHOKAY」ショップへ行ってきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
5/27 女性社会起業家キャロル・チャウさん×愛妻家大田正文さん講演会の感想
5/27に講談社にて行われた女性社会起業家キャロル・チャウさん×
愛妻家大田正文さんの講演会に参加してきました。

キャロルさんは、共同経営者のマリー・ソーとともに
中国西部のチベット族が飼育する「ヤク」(牛科の動物)の毛を
使った高品質のニットブランド「SHOKAY」を経営。
貧困層の村の人たちに安定した雇用と継続的な現金収入をもたらす。

1982年アメリカ生まれ、台湾育ち。
ペンシルバニア大学で経済学の学士号を取得。
在学中、ペルーのリマでマイクロファイナンスに従事。
ハーバード大学ケネディスクールにて、国際開発学の修士号を取得。
ハーバード在籍中、タイとNY市の国連開発プログラムで活躍。
2009年、女性企業家を表彰する「ウイメンズ・イニシアティブ・カルティエ
・アワーズ」のファイナリストに選出。

というものすごい経歴の持ち主です。
キャロルさんのパートはすべて英語(通訳あり)の講演会でした。

愛妻家・大田正文さんはたくさんの勉強会・交流会を主催され、
2010年4月に「人生を変えたければ「休活」をしよう!」を出版。
「愛妻家まさ」の愛称でおなじみです。

1.まささん講演
 実は休日は1年の3分の1もある。社会人人生で換算すると、13年
 創造的な時間はgoogleや3MのPosi-itにも勝る。
 夢は実現できる。諦めないで継続してやり続けることが大事。

(1)AもBも
  欲張って両方やっちゃいましょう。
  まささんは著者という顔と会社員という二つの顔をもつ。
  休日を使って自己実現した。

(2)好きの追求
  まささんが講演会等を行った回数…302回(!)
  まささんが会った人の数…1,000人(!)
  
  若手社会人・学生・著者・富裕層、
  あらゆるコミュニティで(ハブのような存在として)
  体験・経験や価値観を共有するのが好き。

(3)この世界に生きる意味
  この世界はどんどん良くなっている。
  自分のおばあちゃんの言葉「今が一番幸せだ」  
  みんなをチャンスの土俵にのせたい。
  次世代に何を残すか。

何かを始めるのに年齢は関係ない。
カーネル・サンダースは60代でケンタッキー・フライドチキンを
起業したし、安藤百福は48でチキンラーメンを発明した。
今日から変わろう!
  
2.キャロルさん講演
メモが断片的にしかないので、印象的な言葉のみを列挙します。
・(起業するのに)年齢は関係ない。私の場合は若すぎた。

・自分を信じる。

ビジョンを描いてそこへ到達する方法を考える。

・問題があるということは、そこに解決策があるということ。

・貧困とは選択の自由がないということ。

・10,000人の村に8人しかお医者さんがいない。そのうち女医は1人しか
 いない状況って想像できますか?

・貧困層には情報が欠如している。

・貧困層の村の女性のために、woman health care programを
 行った際に50人の女医を募集したところ、120人も集まった。

・あなたは世界を変えるために何をしていますか?

・夢を描いた人はみんな達成できる。

3.質疑応答
<まささん⇒キャロルさん>
(1)どんな子どもだったか?
 旅行が好きだった。新しく新鮮な物事に挑戦するのが好き。

(2)それはなぜ?
 文化、自分が持っていないものを学ぶことが好きだから。
 アメリカで生まれ、台湾で育った。これまでに36カ国を訪れた。

 南米のチリで勉強した時に、これまでと全く違う環境に身をおいた。
 文化ごとに成功の定義が違うということを知った。
 (アメリカでの)成功の定義がチリではあてはまらない。
 貧富の差について初めて考えた。

 「成功」とはアイデアがあれば実践すること。
 
 「成功」とはその人自身の幸せが実現できるということ
 
(まささん)
  
(3)行動力の源泉は? 
 両親が自分を信じてくれて、やりたいことをやらせてもらえた。
 
 年配のかたに話を聞くと、
 「やりたくてもやらなかった、できなかった」

 ことを後悔している人が多い(まささん)。
 
 SHOKAYはライフスタイルブランドで、その人の人生の一部になると
 考えている。
 社会貢献したいと思ったら、SHOKAYのプロダクトを買ってください。

<会場※⇒キャロルさん>
 ※挙手のほか、まささんが会場を歩き回ってあてる形式

・将来どうしたいか?
 世界を変えたい。世界を変えるということは、選択の自由がみんなにあり、
 多様性・違いが存在し、生きるのに等しい機会があるということ。

・チリでのエピソードを教えてください
 南米を旅したときに、孤児によるコンサートをみた。
 始まるまではビクビクしていた孤児がコンサート後に観客に
 拍手を贈られると目がキラキラし始めた。すごく単純なことだが、
 必要だったのは「他人からの賞賛」だったのだと気づいた。

・村の人とのコミュニケーションなどで気をつけていたことは?
 誠実な態度
 コミュニティ…まず信頼を得る。善意でやっていることを理解してもらう。
 工場…プロっぽくみせる。

 物をたくさんもっているほど、あまり幸せではない。
 物をあまりもっていないほうが、より幸せ。

 変わるというのは明日が今日とは違う日だということ。
 何が成功かということを定義し、時間をうまく使って
 どうやってそこに到達するか?

・Social Responsibilityについて
 すごく良いビジネスというものは、ソーシャルなものだと思う。
 みんな家族や友人を持っていて、あるコミュニティに属している。
 それらに対する責任がSocial Responsibilityである。

・達成感を感じるときは?
 達成感を感じるときはとても少ない。
 製品開発でいいものができたときや、woman health care program
 などの支援が正しいとわかったとき。
 アイデアが多すぎて時間が足りない。

 役に立ちました、ありがとうとみなさんに言われたとき、
 奥さんにほめられたとき(とても少ない)(まささん)

・共同経営の良さは?
 マリーと私はある点では似ていて、ある点では全く反対。
 例えば、レストランで背中合わせに座っていても同じものを注文
 するでしょう。でもビジネスでは、私が楽観的なときはマリーは
 悲観的な考え方をしたり、あるいはその逆であることがある。

 アイデアがあればJust try it!

<お二人からのメッセージ>
「チャレンジしたいことがあれば、あきらめずにチャレンジしてください」
(キャロルさん)

「時間・空間軸の二つを意識。全体が見えてないから不安だったりする
けれど、視点を変えると失敗しても大丈夫じゃないか、と思えたりする
もの。それがあるからステップアップできる。」
(まささん)

4.感想
まささんにお会いするのは初めてだったのですが、
「こうしてみなさんの前に立っているけれども、自分は普通の人間で、
みなさんから逆にいろんなことを与えてもらっていると考えている」
という趣旨のはじめの挨拶にまささんの人柄が感じられ、
またそのやわらかい物腰、雰囲気にあたたかい気持ちになりました。

(私の隣の席の若い女の子はまささんのファンで、勉強会などに
足繁く通っているとのことでしたが、それも納得!)

キャロルさんは、ひとつひとつの質問にキッパリと明確に答えられていて、
すごく頭の良いかただな、と率直に思いました。
また、プレゼンテーションで動画を使ったソフトを使われており、村の
様子や工場、店の様子が動画で見ることができ、効果的なプレゼンと
なっていました。何のソフトを使ってらっしゃったのか気になります。

まささんご本人のブログにもありますが、
お二人のおっしゃっていることには共通する点が多く、
そのぶんメッセージが強く響き、勇気をだしてtryしてみようと
背中を押されました。

また、自分の理解に置き換えると、やはり自分のやりたいことに対して
行動し(変化を起こす)、それを諦めずに継続することが重要。
行動を変えるためには時間を捻出しなければならないため、
タイムマネジメントも同等に大切だと感じました。
また、自分の成功(ゴール)を明確に描くことも必要だと思います。

とてもアットホームな講演会で、有意義な時間を過ごすことができました。
キャロルさん、まささん、スタッフのみなさん、会場にいたみなさん、
ありがとうございました!

【おまけ】
会場で書籍購入者にプレゼントされたSHOKAYのポストカード。
おなかに巻かれているのがヤクの毛!



| 講演会・セミナー感想 | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - |
コメント
休活著者&主宰者の愛妻家大田正文です。
木曜日は、お越しいただき、ありがとうございます。

講演のポイントが良ても良くまとめられていて、
愛妻家にも、とても役に立ちます。

講演会の内容が、少しでも人生のお役に立てば
うれしいです。

これからもよろしくお願いいたします。
| 愛妻家大田正文 | 2010/05/29 2:14 PM |
大田さん自らのコメント、感激です!!

また何かの機会にはぜひ参加させてください。
こちらこそこれかもよろしくお願いいたします。
| ばにら | 2010/05/29 2:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asgt.jugem.jp/trackback/314
トラックバック