CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
証券アナリストのための数学再入門
証券アナリストのための数学再入門 (JUGEMレビュー »)
金子 誠一,佐井 りさ
文系出身者はまずこちらでウォームアップしましょー
RECOMMEND
ネガティブがあっても引き寄せは叶う!
ネガティブがあっても引き寄せは叶う! (JUGEMレビュー »)
MACO
私の転職活動が紹介されました。
RECOMMEND
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング
めざせ!中級 新TOEICテスト実戦トレーニング (JUGEMレビュー »)
大塚 千春,岸 洋一,松尾 謙一
音読筆写に目からウロコ!五感をフルに使って、TOEICの点数だけでなく、英語の基礎力アップができる本。この内容でこの価格はかなりお得。
こちらでリスニングパート20点、リーディングパート15点アップしました。
RECOMMEND
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (JUGEMレビュー »)
森沢 洋介
評価の高い瞬間英作文ですが、やってみてやはり効果を感じました。
RECOMMEND
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー) (JUGEMレビュー »)
ジュミック今井
メトロノームに合わせて楽しく練習!「th」の発音がやっとこさ身につきました。
Amazon
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
就活生に捧ぐ!就活アドバイスと便利ツール



私の10年前の就職活動の失敗経験などから、現在就職活動中の学生さんにアドバイスを3つと便利ツールの紹介を書きたいと思います。

1. 選考を受ける会社をはじめから絞り込まない!

自分のやりたいことを就職活動の時点で見極めるのは結構難しいと思います。就職活動のスタートから、自分の興味のない業界も選り好みせずに受けてみたら、視野が広く保てるとともに、いろいろな発見があると思います。

私の場合は大学でマーケティングを勉強していたことから、はじめは消費材メーカーを受けていましたが、すべて落ちました。そこから当初あまり興味のなかった業種にも選考対象を広げたところ、そのなかに金融業界があり、大学の先輩のすすめで受けてみたとある金融業界の会社に受かりました。

業種が違っていても、仕事上で共通点があったりもします。例えば、「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」という本の中にあったのですが、理系の研究者と経営コンサルタントがデータ分析のうえ仮説をたてる、という点が同じなんだそうです。


2. 会社説明会、セミナー、面接を無断で遅刻・欠席しない!

あなたの参加記録は企業にしっかりと残っています。私の場合は、選考が進み、面接でどうして無断欠席をしたのか聞かれました。当たり前ですが、結局その会社とはご縁がありませんでした。社会人として最低限のルールを守れるかがチェックされています。

3. 水分・栄養補給を怠らない!

忙しいため昼食を抜いたり、交通費などでお金がかかるため、けちって食事をお菓子ですませたりしてしまうことがあると思います。また夏ではないため水分補給も忘れがちです。私はそれらを続けた結果、膀胱炎を発症し、高熱が出ました。そのため、複数の説明会や選考の機会を逃すことになりました。

★便利ツール
NewsPicksというニュースのキュレーションサイトがあります。各業界のプロフェッショナルたちが記事に対して自分の意見をコメントとして論理的かつ簡潔に述べておられます。ニュースはもちろん、コメントを読むのが有益だと思います。

最後に、就職活動について。

企業が内部事情をここまでおおっぴらに公開してくれる機会はそうそうありません。転職活動だとそこまで情報がオープンではありません。ひとつ、社会勉強と思って、自分の興味のない業界も選り好みせずに受けてみたらよいと思います。

たとえ就職活動がうまくいかなかったとしても、ある程度その仕事を続けてみて、本当に無理だと思えば転職する、大学院に入り直す、起業するなど、選択肢はいろいろあります。悲観せず、前向きに行きましょう。

JUGEMテーマ:
就職活動

| 就職活動 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
就活生に捧ぐ!自分にピッタリ合う会社の選び方



街でちらほらリクルートスーツに身を包んだ学生さんを目にすることが増えてきました。

私の就職活動は約10年前で、現在とは状況が異なる部分もありますが、毎年学生さんとの面談で(勤め先の企業で先輩社員として学生さんとの面談が設定されていました。なお、選考ではありません。)、伝えてきたことがありますので、完全に私見ですが、ここでも書いておきたいと思います。

学生さんに必ずといっていいほど聞かれたことを直感で多い順番に並べると、1. 今の会社を選んだポイント、2. やりがい、3. 一日のスケジュール、4. 産休・育休がとれる環境か(私が女性なので女性学生から聞かれました)、でした。

2.〜4.は現在その企業に在籍していないため、1.のみ回答します。

その会社を選んだポイントは、(1) 人が良かった(2) 直感で、何だか良い感じがしたためです。

人が良かった、というとありきたりな回答ですが、選考で出会った人事担当者、面接官、役員すべてにおいて、学生に対して対等な目線で接してくれる誠実さを感じました。他社では学生を見下している印象を受けたこともありました(参考記事

その会社のなかでほんの一握りの人しか会っていませんが、社風を感じる一助となりました。

金融業界では面接の回数が多く、複数の社員と会う機会がありましたが、メーカーなどだとエントリーシートに受かったら次回は役員面接、という会社もありましたので、その場合はOBOG訪問をお願いしてもよいかもしれません。

なぜ人かというと、就職活動で学生さんは仕事内容・やりたいことができそうか、という点で会社を選ぼうとしますが、自分のやりたいことがはじめから任せてもらえるかどうかは分かりません。

むしろ、自分のやりたくないこと、行きたくない場所で仕事をすることが往々にしてあります。私もそうでした。

そうなった場合、どこで踏みとどまれるかというと、周りの上司や先輩なわけです。彼らのサポートによって、新入社員はがんばれるのです。なので、人を重視しています。

直感で、というのはえっ!?、と思うかと思います。

私ははじめお給料・勤務地・仕事内容・・などという条件で企業を一覧表にしてど・こ・に・し・よ・う・か・な、と企業を選ぼうとしていたのですが、いざ良い条件と思った会社の説明会に訪問すると、なんだか社員に生気がない、暗い感じがする、という良い印象を受けないことがありました。

ご縁があった会社は、選考活動を通じて、毎回面接では面接官とお話を楽しむような感じで、緊張せず、結構自分を取り繕わず、オープンに話していましたが、毎回それで合格していました。「なんとなく、この会社はいい感じがするな〜」という心・身体の反応に従ってみてください。

次回は就職活動全般のアドバイスを書いてみたいと思います。


JUGEMテーマ:就職活動

| 就職活動 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
就活生に捧ぐ!「オワハラ」体験で感じた就職活動で大切なこと


飲酒運転しかり、昔は大丈夫だったのに、今やるとアウト、ということありますよね。

「オワハラ」、という言葉をニュースで目にして、まさにそれだなあと思いました。


オワハラとは「就活終われハラスメント」の略で、企業が内定者や選考中の学生に対し、他社の選考を受けないよう「就活を終わらせよう」と画策する行為のこと。

具体的には以下のような企業の行為が該当する
ようです。

 

1. 面接の場等で他社選考の辞退を要求する
 

2. 内定者向けイベントで引き留める
 

3. 毎日呼び出す(これはひどいですね)


私は某大手都市銀行の最終面接で、1. 面接の場等で他社選考の辞退を要求するというハラスメントを受けました。

面接官に「当行が内定を出したらあなたはリクルートスーツを脱げますか(=就職活動を終わらせることができますか)?」と言われたのです。

私はバカ正直に「いえ、他社をもう少し見てみたいです」というようなことを発言し、面接官の態度は冷たく豹変。後日見事に不採用通知をもらったのでした。

面接が終わった瞬間、えらいことをしてしまったと思い、当時付き合っていた彼に電話して、ことの顛末を説明しました。

彼は「リクルートスーツを脱ぐ=就職活動を終わらせる」ということを理解しておらず、その場で服を脱げなんて、なんというセクハラ発言なんだ!と別のポイントで怒っていました笑(その後説明をして理解してくれました)

私はくやしいのと情けないので歯をくいしばりすぎたようで、前歯が欠けました・・・
(なので、今でも歯の欠損部分を見るとこの事件が思い出されます)

結局私は就職活動を続け、その後内定をいただいた別の会社に入社しました。

結論からいうと、某大手都市銀行に入らなくて心から良かったと思っています。

学生に対してそんな圧力をかける会社は、社員に対しても同じようなことが日常的に行われているはずです。そんな会社で楽しくイキイキと働けるはずがありません。

なお、同期に聞いた話では、某大手都市銀行の内定を断るのにも何度も直接会社に出向いて説明するなど、かなりの苦労を要したということです。。

私が就職活動をしていた頃は、紙からPC&インターネットへの移行期でした。

論文は手書きからPC作成へ、就職活動も封書からインターネット申込となりましたが、SNSは未発展でした。
 
今は学生がTwitterや就活掲示板に体験を共有するので、こういう事象が明るみになったのでしょうね。

少しでもおかしいと思ったら声をあげてみる、これは必要ですね。

学生さんに対して伝えたいことは、自分の直感、感覚を信じて企業を選ぶことです。

安定していて給料も高いと左脳的には考えてしまいますが、あれっ、説明会・面接で嫌な感じがするな〜、と思ったらちょっと立ち止まってみてください。

どこかで無理して自分を曲げてその会社に入ることより、この会社とは合わない、縁がなかったと割り切るほうが精神的に楽だと思います。

<参考>
産経
東洋経済
ダイヤモンドオンライン

JUGEMテーマ:就職活動
| 就職活動 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |